イギリスの水道水は飲める!?原因と水を飲む方法を解説

世界で水道水を飲むことができる国はどこ?

情報を公開している機関によって”水道水が飲める国”の数が9個だったり、15個だったりします。国土交通省が2018年3月に公開している最新の情報によると、「水道水をそのまま飲める国は日本を含む9カ国」と「そのまま飲めるが注意が必要な国は21ヶ国」のようです。

minimal traveler, uk, drinking water001

参考:国土交通省|平成30年版 日本の水資源の現況

水道水をそのまま飲める国

  • アイスランド
  • アイルランド
  • スロベニア
  • デンマーク
  • ドイツ
  • フィンランド
  • ノルウェー
  • 南アフリカ
  • 日本
  • オーストリア
  • その他、都市としてシドニー(オーストラリア)とストックホルム(スウェーデン)

国土交通省が公開しているマップと外務省の渡航情報を調べたところ10カ国ありました。

そのまま飲めるが注意が必要な国

  • アラブ首長国連邦
  • イギリス
  • イタリア
  • クロアチア
  • スイス
  • スウェーデン
  • スコットランド
  • スペイン
  • セルビア
  • ハンガリー
  • フランス
  • マルタ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • コスタリカ
  • ニカラグア
  • ナミビア
  • パマナ
  • ボツワナ
  • モロッコ
  • レソト

海外の水道水が飲めない原因とは

水道水が飲めない原因はいくつかあり、原因によって対処方法が違います。

水道水が飲めない原因

  • 細菌や寄生虫
  • 放射能や土壌汚染、水道管
  • 硬度

東南アジアやアフリカなど、途上国では水道水に細菌や寄生虫が混在している恐れがあります。一部の細菌は煮沸することで死滅しますが、体調を崩す恐れがるため、飲用は避けましょう。

イギリスの水道水は飲める!?

イギリスの水道水は、注意は必要ですが飲むことはできます。

英国の水道水は日本の水道水に比較し,石灰分を多く含む硬水です。水質は地域をカバーする水道事業会社により常に確認されており,通常はそのまま飲んでも問題ありません。但し,配水管が古い場合や貯水タンクに問題がある(可能性のある)場合には,市販のミネラルウォーターや,ろ過器を使用するほうがよいでしょう。

,参考:外務省|医療情報

実際にイギリスで生活していて、水道水をそのまま飲んでいる人は見かけません。料理に使ったり、ケトルで沸騰させてから使う場合には、水道水を使う場合もあります。イギリスに来たばかりの数日は多少水道水を飲んでいましたが、特に健康に害はありませんでした。

イギリスの水道水を飲まないほうがいい理由として、

  • 硬水なので日本人はおなかを壊しやすい
  • 古い家が多く、水道管が痛んでいる
といったことがあります。

硬水自体は、健康に害がないので飲んでも大丈夫です。モデルさんでも、健康のために硬水を飲む方もいらっしゃいますよね。水道管や貯水タンクが痛んでいてバクテリアやサビなどが混ざっている場合は飲まないようにしましょう。水道の出し始めの水は口にしないようにしましょう。

イギリスで水を飲む方法

イギリスの水道水は、石灰やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含んだ硬水です。硬水を飲んでも健康には問題ありませんが、硬水に慣れていない日本人はなかが緩くなってしまうことがあるため、そのまま飲むのは注意が必要です。

イギリスで水を飲む方法では、

  • ミネラルウォーターを買う
  • 沸騰させる
  • 浄水器
  • ブリタ
がおすすめです。

硬水とは

水に含まれるミネラル(カルシウム、マグネシウム)の含有量によって、軟水と硬水に分けられます。日本の水はほとんどが軟水で、ヨーロッパでは硬水の地域が多いです。ヨーロッパや北米の大きな大陸では、雨水や河川水が石灰質の豊富な地層を長い時間をかけて濾過され、地層中のミネラルを吸い取って湧き出しているため、水の硬度が高くなります。

軟水 中硬水 硬水
日本の基準 0~100mg/L 未満 100~300mg/L 未満 300mg/L 以上
WHOの基準 0~60mg/L 未満 60~120mg/L 未満 120mg/L 以上
イギリスの基準 0~100mg/L 未満 100~200mg/L 未満 200mg/L 以上

イギリスの水道水は硬水のイメージですが、地域によって軟水の場所もあります。ロンドンを中心とした南部では硬水が多く、ヨークシャーなどの北部では軟水が多い地域です。

minimal traveler, uk, drinking water002

参考:BRISTAN|Hard Water Map

一般的に、お茶やコーヒーには軟水を使ったほうが口当たりがよく、おいしく煎れられます。。硬水に含まれるミネラルが、お茶や紅茶の成分の抽出を阻害するのであまり向いていません。イギリスで一般的なヨークシャーティーには、硬水向けの製品も発売されています。

minimal traveler, uk, drinking water003

参考:YORKSHIRE TEA

硬水の特徴

ミネラルを多く含んでいる

硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは健康にも必要な栄養素です。肉料理がメインの声量料理では、ミネラルが不足しがちなため、硬水でミネラルを補います。

苦味がある

硬水の口当たりは重く、苦味を感じることがあります。水に含まれるミネラルが多くなるほど、口当たりは重くなり、癖の強い味になります。

おなかが緩くなる

硬水に含まれるマグネシウムは、体内に吸収されにくく、大腸での水分の吸収を阻害するため、おなかがゆるくなります。下剤として医薬品にも使われています。

石鹸が泡立ちにくい

硬水に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンが、石鹸の泡立ちを作る脂肪酸と結合して不溶性のキレートを形成します。

石鹸やシャンプーの泡立ちが悪くなるだけでなく、石鹸かすができます。泡立ちが悪くなるので、石鹸の使用量が多くなり、すすぎきれずに石鹸成分が残ってしまうと、皮膚炎などの原因になります。

ヨーロッパでは、硬水向けの石鹸やシャンプーも売られています。

シンクが白くなる

硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が沈着するため、シンクに白い結晶が付いてしまいます。

また、硬水が蒸発すると、ミネラルが析出したり、加熱した反応で結晶が生成し、鍋やケトルに白い結晶が残ることがあります。

合わない料理がある

お茶やコーヒー、出汁をとるときには、硬水に含まれるミネラルが、成分の抽出をじゃましてしまうため向いていません。

軟水と比べると硬水はお米に吸収されにくいため、硬水でお米をたくとパサパサしやすくなります。反対に、パスタを茹でるときは、塩を入れなくてもアルデンテで調理することができます。ジャガイモも煮崩れしにくくなります。

硬水に含まれるカルシウムがタンパク質と結合して、アク(灰汁)となって取り除かれるため、固い肉を柔らかくしたり、肉の臭みが抜けるため、西欧の肉料理には硬水が合っています。

硬水と健康の関係

WHOでは、硬水が健康をわるくするかということは、十分に研究されていないのでわかりませんが、カルシウムやマグネシウムを含む硬水を長期間飲料しても、尿路結石、胆石、唾石、皮膚疾患、心疾患などのリスクを増加させることはないようです。

イギリスで水を飲む方法まとめ

ミネラルウォーターを買う

minimal traveler, uk, drinking water005

イギリスでは外食費は高いですが、スーパーなどで買う食料品は日本とあまり変わりません。

イギリスのスーパーでは、ミネラルウォーターやスパークリングウォーター(炭酸水)が50ペンス(約75円)から購入できます。

海外では、日本のように無料の”お冷”というサービスがないところがほとんどですが、イギリスではサービスの”お冷”注文することができます。レストランでお冷を注文したいときは、「Tap Water(タップウォーター)」を注文します。タップウォーターとは水道水のことです。有料のお水を注文したい場合は、「Bottled Water(ボトルドウォーター)」を注文します。

Bottled Water 炭酸なし Still Water
Water without gas
炭酸入り Sparkling Water
Soda Water
Water with gas
Tap Water 水道水


Kirkland Signature Sparkling Spring Water

アマゾンでは、1本あたり33ペンス(約46円)でスパークリングウォーターを購入できます。自宅まで届くので便利ですね。

沸騰させる

minimal traveler, uk, drinking water006

硬水には2種類あり、ミネラルの重炭酸塩を含む「一時硬水」と、硫酸塩や塩化物を含む「永久硬水」があります。

「一時硬水」は石灰岩地形を流れる河川水、地下水などで炭酸水素カルシウムを多く含みます。「一時硬水」は、煮沸すると炭酸(CO2)が生成され、揮発し、残りのカルシウムやマグネシウムは結晶になり析出します。硬水中のミネラルの量が減るので飲みやすくなりますが、おなかを壊す可能性はゼロではありません。

「永久硬水」は、煮沸してもミネラルが取り除かれないため、軟水にはなりません。

イギリスの水道水は、煮沸して飲むこともできます。

浄水器を設置する

minimal traveler, uk, drinking water007

イギリスの水道水自体は飲むことができるので、浄水器を設置することで飲用することができます。

ウォーターサーバーを使う

イギリスでも有料の施設などではウォーターサーバーが設置されています。ショッピングモールでもウォーターサーバーが置いてあるところもあります。

イギリスにもウォーターサーバーのレンタルサービスもあるようですが、オフィス向けが多そうです。

BRITAで濾過する

minimal traveler, uk, drinking water008

1番楽なのが、ブリタで水道水を濾過する方法です。Bootsなどのドラッグストアでも購入できます。

水道水を入れると、専用のカートリッジで水道水を濾過します。硬度の原因のミネラルだけでなく、残留塩素なども取り除くことができます。

有害物質のトリハロメタンとトリハロメタンの原因となるそうトリハロメタン(クロロホルム、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン、ブロモホルメン)を取り除くためには、約15分〜20分以上沸騰させる必要があります。BRITAでは水を入れて濾過するだけでいいので、すぐに飲むことができます。

BRITA Marella Water Filter Jug

お水は毎日使うので、重たい荷物を運ばなくていいので、BRITAはおすすめです。カートリッジは2ヶ月ごとに交換で、1個500円くらいで購入できるので経済的です。

BRITA Fill & Go Bottle Filtr

ブリタには、外出に便利なボトルタイプもあります。