EMSで日本からイギリスへ荷物を送る方法まとめ
留学やYMSでイギリスでの生活にワクワクしますよね。 せっかくのイギリス生活なので、オシャレもしたいし、ストレスなく生活するために、日本の慣れた製品を使いたいと思います。 物価の高いイギリスで、衣類や日用品を調達するのは、金銭的にも時間的にももったいないですよね。日本からイギリスへ荷物を郵送する方法についてまとめました。

国際郵便の種類

イギリスへ国際郵便を送る方法には、郵便局から「国際小包」として送る方法と、クロネコヤマトの「留学宅急便」というサービスがあります。

郵便局のサービスには、飛行機を使って郵送する「EMS(国際スピード便)」、「航空便」、「エコノミー便」と「船便」の4種類があります。

国際郵便
配送日数 配送方法 保証 大きさ・重量
EMS(国際スピード便) 2~4日 国際郵便の中で最優先に配達 2万円までの損害賠償が無料で付帯
追加料金で最高200万円まで保証
長さ1.5m 長さと横周の合計3m

30kg
航空便 3~6日 有料で損害賠償制度を利用OK
エコノミー便(SAL便) 6~13日 日本国内と到着国内は船便、国間は航空便で輸送
航空便は空きスペースを利用
船便 1~3ヶ月 船で輸送
クロネコヤマト
配送日数 配送方法 保証 大きさ・重量
留学宅急便 約10~14日 航空便 1梱包につき運送保険が自動付帯
1梱包あたり20万円を超える品物に関しましては、お取扱いできません。
縦+横+高さの合計が160cm 以内

25kg以内

配送方法の選びかた

minimal traveler, minimalist, uk, japan, parcel

日本からイギリスへ荷物を配送する方法は、国際郵便とクロネコヤマトのサービスを合わせて5種類あります。配送にかかる日数が早いほど、配送にかかる金額も高くなります。

どの方法で荷物を送るのが自分にあっているのか、以下のポイントを参考にしてみてください。

料金や配送日数で決める

郵便局輸送料金は郵便局HPの「料金・日数を調べる」から調べられます。

クロネコヤマトの「留学宅急便」では28,000円〜34,000円程度かかるようです。

追跡のありなし

海外での荷物の受け取りは、日本ほど整備されていないので、”いつ荷物が届くのか”わかった方が安全に荷物を送ることができます。

また、途中で荷物が紛失してしまう可能性もあります。

荷物の追跡は「EMS」、「航空便」、「エコノミー便」と「船便」、クロネコヤマトの「留学宅急便」のいずれでも可能です。

保証の有無

日本から送った荷物が紛失してしまったり、破損してしまったときの場合に、損賠賠償がついているかも重要なポイントです。

郵便局の「EMS」では、2万円までの損害賠償が配送料に含まれています。それ以上の保証をつける場合には、2万円ごとに50円の追加料金を支払いことで、最高200万円までの保証をつけることができます。

保証を受けるためには、内容品やインボイスなどに商品とその価格を記載する必要があります。イギリスへ送る荷物で高額な商品を送ると、税金がかかってしまうことがありので注意が必要です。

EMSで追加料金を1,000円払うと42万円、4,950円支払うと最高額の200万円の保証をつけることができます。

EMS以外の、航空便、エコノミー便、SAL便では、保証は自動でついてこないため、申請しないといけません。

400円の追加料金で保険金額2万円まで保証してくれるそうです。それ以外にも、送る荷物の重量によって保証限度額が異なるので、注意が必要です。

15kg~30kgの荷物では保証限度額が2万円を超えているので、400円+50円の追加料金でしょうか?

荷物の重さ 補償額
~5kg 11,160円
5kg~10kg 15,170円
10kg~15kg 19,190円
15kg~20kg 23,200円
20kg~25kg 27,220円
25kg~30kg 31,230円

クロネコヤマトの「留学宅急便」では、運送保険が自動付帯されています。1荷物の内容は30万円以内らしいですが、運送保険は”1梱包あたり20万円まで”のようです。

荷物を送る時のポイント

minimal traveler, minimalist, uk, japan, parcel, post office

荷造りの大きさ

郵便局の国際郵便で送れる荷物の大きさは「最大の長さが150cm以内かつ長さ+横周が3m 以内」です。

クロネコヤマトの「留学宅急便」で送れる荷物の大きさは、「縦+横+高さの合計が160cm 以内」です。

今回は、90Lのスーツケース1個とダンボール1個を送りました。

イギリスへ荷物を送るときの注意点

国際郵便で荷物を送る際には、送れないものなどの「禁制品」にも注意が必要です。

各国共通の「禁制品」

「禁制品」には、すべての国で禁止されているものと、それぞれの国で禁止されているのもがあるのでよく確認しましょう。

minimal traveler, minimalist, uk, japan, parcel, post office60

リチウム電池は発火する恐れがあるため、航空便や、飛行機の預け荷物に入れることができません。リチウム電池は、単三電池、スマホ、ノートパソコン、パソコンの充電器などに含まれています。

マニキュアも引火性があり、航空便では送ることができません。

また、EMSではお金やトラベラーズチェックなどの小切手や、宝石類を送ることはできません。

イギリスの「禁制品」

イギリスへ送れないものには、

  • わいせつな本、写真など
  • ホラー漫画、写真
  • ボロ布
  • 飛び出しナイフ
などがあります。

イギリスの「禁制品」

友人荷物の発送を頼みましたが、荷物の引き取りにきた局員さんに、税関で間違いが起こらないように個人使用の衣類に「used」と記載し他ところ、荷物の伝票をみて「汚い服は送れません」を言われたそうです。失礼しちゃいますよね。

また、食品についても、卵製品、はちみつが入っている製品、動物製品、植物やフルーツ類にも規制があります。

食料品を持っていきたい場合は、郵送ではなく手荷物で持って行った方が無難です。

香水

香水には、アルコールが含まれているため、航空便で送れないことがあります。

航空便で送れたとしても、アルコール・タバコ類と香水には付加価値税(VAT)で商品代の20%がかかってしまうことがあるので、国際郵便で送らない方がいいアイテムです。

国際郵便の禁制品のひとつに”ポルノ”や”ホラー”があります。ほとんどの物品はX線でなにかわかりますが、本の内容まではX線ではわかりません。

そのため、英語の学習のためにテキストなどを持っていく人が多いと思いますが、内容品に「本」と書くと税関で中身をあけられる可能性が高くなります。

中身をあけた後、きれいに戻してくれるとも限りませんので、本などは別にわけて送った方がいいです。

また、税関告知書やインボイスは正確に書く必要がありますが、日用品などの荷物をたくさん送る場合には、すべて正確に書くことは難しいので、あけられる可能性がある商品は別にした方がいいですね。

EMSで海外郵送するときに必要な書類と書き方

EMSで日本から荷物をイギリスに郵送する場合には、

  • EMSの伝票
  • 税関告知書CN23
  • インボイス
  • 航空便危険物の誓約書
の4種類です。

minimal traveler, uk, ems, parcel force, post office006

税関告知書は、EMSの伝票と一体型になっています。

EMS伝票の書き方

minimal traveler, minimalist, uk, japan, parcel, post office ems label

2019年1月から書式が変わりました。

  1. 送り主の氏名・住所・連絡先

    「個人使用」で送る場合には、家族の名前にしておいた方が無難です。

  2. 送り先の氏名・住所・連絡先

    イギリスに送る場合の国名は「United Kingdom」です。

  3. 内容品の詳細・数量・重さ・価格(日本円)

    欄が5行しかないので、たくさんある場合は「See the Attached Document」などと表記しましょう。

    5行でおさまる場合は

  4. 郵便物の荷物の種類を選択

    「身のまわり品:Personal effects」を選択

  5. 署名

2019年1月から、EMS伝票の形式が変更になったようです。2018年末に郵便局に伝票をもらいに行った時には、「個人使用:Personal effects」の項目はありませんでしたが、2019年1月からは項目が増えていました。

イギリスへの郵便物には、内容品の価格によって「付加価値税:VAT」という税金がかかることがあります。

→VATについて

税関告知書CN23の書き方

EMSの郵送ではCN 22またはCN23の税関告知書が必要です。

EMSの伝票とCN23は一体型なので、別途でCN23を書く必要はありません。

CN22 以前税関票符と呼ばれていたもので、本来は国際通常郵便物に300SDR以下の物品を同封して送る場合に必要なものです。
CN23 300SDR以上の物品を同封して送る場合に必要なものです。

300SDR以下の手紙ではC22の様式を使い、小包と300SDR以上の手紙ではC23の様式を使うみたいです。

インボイスの書き方

インボイスは到着国の税関の深刻に必要な書類です。

minimal traveler, uk, ems, parcel force, post office010 (1)
  1. 送り主の氏名・住所・連絡先

    「個人使用」で送る場合には、家族の名前にしておいた方が無難です。

  2. 送り先の氏名・住所・連絡先

    イギリスに送る場合の国名は「United Kingdom」です。

  3. EMS伝票の右上にある”お問い合わせ番号”

  4. 実際に送る配送方法を記載します。

    配送方法 英語表記
    EMS EMS
    航空便 AIR PLANE
    SAL便 SAL
    船便
  5. 支払い条件を記載します。

    有償
    無償

    EMSの伝票と同じものを選択します。

    通常は、「無償」を選択でいいと思います。最近書式が変わったので、「Personal effects」があれば、選択し、なければ「その他」を選択します。

  6. 荷物の内容品・重さ・数量・金額を記載します。

    単価を書くか迷ったのですが、衣類、医薬品などまとめて項目を書き、金額も合計金額のみ記載しました。

    医薬品については、特有の疾病治療に用いたり、危険度の高いものについては、英文の説明書が必要になってくる場合があります。今回は、解熱剤や風邪薬などの常備薬だけなので、簡易的に内容も記載しました。

    化粧品類やボディケア用品には、アルコールが含まれているものやバッテリーを使用しているものもあるので、”それ以外”を示すために内容を記載しています。

    インボイスの書き方の見本などをみると単価・合計金額の記載は、日本円のみだけでも良さそうですが、インボイスを確認するのは現地の税関なので、現地通貨の記載もあるとなおいいと思います。今回は、友人に書きなおしてもらったので、日本円のみの記載です。

  7. 最後に、個数・荷物全体の重さ・発送国・署名を書いて終わりです。

イギリスで荷物を受け取る方法

EMSで日本からイギイリスへ荷物を送った場合、郵便局の検索結果では2-4日でしたが、1週間程度かかりました。

日本とイギリスの交換局で足止めされている場合があるため、実際の状況はオンラインでこまめに確認しましょう。

→オンライン追跡

通常であれば、イギリスに到着した荷物はEMS伝票に記載した住所に送られます。しかし、オンラインで追跡していても日本の郵便システムのように正確ではなく、”今日到着予定”でも数日送れてくることも多くあります。何時に届くかなどは追跡ではわかりません。フラットシェアの場合、いつ誰が家にいるかもわからない上、ロンドン市内ではインターホンがついている家はほとんど見たことがありません。だいたい、家の玄関ドアには、古い映画に出てくるような馬蹄リングのようなものしかありません。

日本からイギリスへ10kgのダンボールと25kgスーツケースを送った結果、10kgのダンボールは自宅で受け取ることができました。25kgのスーツケースは、EMS伝票やインボイスがビニール袋にまとめられて郵便受けに投函と、フラットメイトがサインをしたらしいですが、荷物の所在が不明になりました。

結論をいうと、25kgのスーツケースもイギリスでは悪名高いParcel Forceという機関に問い合わせて受け取ることができました。先人たちも苦労したみたいなので、別の記事にまとめておきます。

→Parcel Forceとの戦い

国際郵便で送ってよかったもの、なくてよかったもの

イギリスは”物価が高い!”というイメージがありますが、うまく利用すればそこそこ安く日用品を揃えることができます。とくに日本製のものは、品質がいいものが多いので、普段日本で使っているものは、なるべくイギリスにも持って行きたくなりますよね。

しかし、日本からイギリスへ荷物を送るのも安くはありませんし、荷物を紛失されてしまったり、税関で高額な税金を要求されてしまう可能性もあるので、イギリスでまかなえるものは送らない方がいいでしょう。

日本からイギリスに送ってよかったものと、送らなくてもいいものを分類してみました。

手荷物として持って行きたいもの

国際郵便では、住所を決めてから届くまでに時間がかかるので、それまでに最低限必要なものなどは手荷物として持って行きましょう。

直近の服 とくに冬服 アウター マステ

日本から送ってよかったもの・送った方がいいもの

箸1膳 ノート ペン・詰め替え ガムテ ヒートテック ポケットドルツ ダイソーグッズ・

送らなくてもいいもの

夏服 ホッカイロ 頭のマッサージ機

送らない方がいいもの

ドライヤー、コテなど電圧が違う美容機器

イギリスへ荷物を郵送する場合のまとめ

住所を決めるまでの時間 重量制限 荷物受け取りまでに時間の余裕があるか なくなってもいいものを送る
こちらの記事もおすすめ